HOME > 住宅ローン用語集

住宅ローン用語集

公的融資

公的融資とは、銀行などから資金調達しにくい中小企業救済のため、政府が行う低金利の貸付のことです。

民間融資

民間融資とは、銀行に代表される融資です。 公的融資のように長期間の低固定金利ではない代わりに、公的融資以下の短期間低利金利などがあります。

全期間一律優遇タイプ

キャンペーン金利の中でも、借り入れ期間中、途中で金利の見直しがあっても、その時点での店頭金利から一定率が引き下げられるタイプです。 全期間のため、当初タイプに比べて金利下げ幅は少ないです。

親子リレー返済

親子リレー返済とは、住宅ローンを親子でリレーのように返済する返済方法です。 住宅ローンを申し込む際に、子や孫など後継者・連帯債務者とし、将来、高齢などにより申込者本人の返済が難しくなったときに、子や孫が残りの住宅ローン債務を引き継いで返済します。 公庫の場合、後継者には、融資住宅に申込者本人と同居するか、将来同居予定のある子供、申込時点で70歳未満などの要件が定められていますので、注意しましょう。

公的証明書

公的証明書とは、申し込みの本人であることを確認することができる書類です。 具体低には、運転免許証 ・住民票 ・印鑑証明書 ・パスポート ・健康保険証 ・年金手帳 ・外国人登録証等になります

スーパー「フラット35」

スーパー「フラット35」とは、公庫がバックアップしている、民間金融機関の長期固定金利の住宅ローン商品「フラット35」を、グッド住宅ローンの金利で提供するものです。 主な商品概要は公庫が全国共通で定めています。 金融機関がご提供するローン商品ですので、融資金利や融資手数料、申込時の提出書類等は金融機関によって異なります。

つみたてくん

「つみたてくん」とは、住宅債券積立のことで、公庫の住宅債券を半年ごとに購入して計画的に資金を積み立てていくものです。 積み立てが終わると、「公庫融資付き」の分譲住宅の当選確率が10倍(20倍)に優遇されたり、公庫の通常融資に加えて一般積み立てコースは600万円、特別積み立てコースでは1320万円の割り増し融資も受けることが出来ます。

リフォームローン

リフォームローンは大きく分けて公的融資と民間融資の2つに分かれます。 リフォームローンは住宅金融公庫などの公的機関をはじめ、都市銀行から信用金庫などの地域金融機関までさまざまな民間金融機関が扱っています。

元金均等返済

元金均等返済は、元金を返済回数ごとに均等ににして、それに利息分をプラスして毎月返済していくというものです。 返済当初は利息分が高く負担が重いですが、徐々に利息分が減り、負担が軽くなるタイプです。 スタートダッシュをして、後々ラクにしようというタイプの返済方法といえます。

財形貯蓄

財形貯蓄とは勤労者財産形成貯蓄の略称で、勤労者が事業主の協力を得て賃金から天引きで行う貯蓄のことです。一般財形貯蓄、財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄の3種類があります。

ページトップへ ↑