HOME住宅ローン基礎知識 > 返済タイプについて

返済タイプについて

返済の方法には、【元利均等返済】と【元金均等返済】があります。

この二つは、毎月の返済額・返済総額が大きく異なりますので、きちんと知識を得た上で適切な方を選ぶようにしましょう。

isd080-s.jpg

元利均等返済

元利均等返済は、毎月の返済額が一定になるように、元金分と利息分の割合が変化するものです。返済当初は元金分に比べて利息分の割合が高くなります。返済初期段階では、元金分がなかなか減りません。毎月の返済額が一定ですので、返済計画の立てやすい返済方法といえます。

元金均等返済

元金均等返済は、元金を返済回数ごとに均等ににして、それに利息分をプラスして毎月返済していくというものです。返済当初は利息分が高く負担が重いですが、徐々に利息分が減り、負担が軽くなるタイプです。スタートダッシュをして、後々ラクにしようというタイプの返済方法といえます。

では、元利均等返済と元金均等返済のどちらを選べばよいのでしょうか。

一概には言えませんが、

・採用している住宅ローンの種類
・返済計画の立てやすさ
・返済総額
・繰上げ返済との関係
・年齢(収入)との関係

といったものが判断の指標になります。慎重に選択するように心がけましょう。

ページトップへ ↑