HOME住宅ローン基礎知識 > 頭金とは

頭金とは

住宅を購入するさいに必要地なるのが頭金

でも、実際どれぐらいの頭金を用意すればいいのでしょう。

一般的には、「購入価格の2割以上」が目安だといわれています。

この2割というものの基準は、万が一そのマンションを手放さなければならなくなった時はどうなるか?という考えがあるといわれています。

isd080-s.jpg

頭金は3割は欲しいところ

住宅を購入する際には、当然皆さん融資を受けますが、なんらかの理由でそのマンションを途中で手放さなくてはならなくなったとします。

そのときは、そのマンションを売却するわけですが、当然、購入時の値段よりも安い金額となります。コレに加え、さらに諸費用がかかります。

そうすると、貯金で穴埋めをしなくてはいけません。

しかし、ローン返済が出来ないという人に貯金があるはずもあません。

そのため、こういった事態を考えて、購入金額の8割までしか融資をしないわけです。だから、頭金が2割は必要といわれているのですね。

もちろん、頭金は大いにこしたことはありません。その分、融資を受ける額が減りますから。

出来れば、3割は頭金として用意しておきたいところです。

住宅ローンを借りる際の頭金の目安として、「約2割」ということをよく言われます。

いったいこれはどうしてなのでしょう?


第一に挙げられるのが「資金的に余裕ができるから」ということ。

そして第二に、「金融機関の選択肢が狭まってしまう」ということです。
長期固定金利というものは頭金がある程度ないと借りにくいものです。

また、頭金がないと「借り換えがしにくい」というのもあります。

借り換えというのは、通常担保価値の6〜7割までしか貸し出さない金融機関が多いです。

なので、借り換えをしようとしたとき、頭金が0だと担保評価よりもローン残高の方が大きい「担保割れ」になりやすく、その場合、現金で差額を埋めないと借り換えができないのです。


こういった面からも、頭金はやはり「2割」を目安にためた方が良いのです。

ページトップへ ↑